アフィリエイトの通帳記入 売上高

ASPから支払われる報酬は、報酬が確定した時がアフィリエイターの売り上げ、つまり資産になるようです。

会計ソフトと確定申告

カテゴリー

RSS

アフィリエイトの通帳記入 売上高

2007/01/21 21:46

アフィリエイトの確定申告に関しては、みんな頭を抱えているようです。
白色申告でずっと申告する場合は、あまり頭を抱える必要はないのですが、青色申告で10万、もしくは65万の控除を受けるたい場合は、きちんと通帳記入しないとならないので、色々な疑問が多々浮かんできます。

第一関門として、まず何より報酬をどのように記帳していくか・・・が問題になってきます。
私の場合は、やよいの青色申告で悪戦苦闘していますが、とりあえず経費は後回しにしてASPの報酬の2006年を入力し終わってふと気が付いたんですが、

成果が確定した日にちを「売上高」として記入し、実際に振り込まれた日付を「普通預金」として入力ということ。
記帳とは、帳簿に記入すること、または私のようにソフトを使用する場合は、売上高として記入する日付です。
詳しくは、パソコン経理でラクラク申告のP.168を参照

たとえば、googleの場合は、月末に成果が確定し、支払いは翌月の後半になるので、左の画像のようになると思います。
白色申告の場合は、「現金主義(現金が手に入った時点を記帳)」か「成果主義(成果が確定した日付を記帳)」を選べるようですが、青色申告の65万の控除を受けるためには成果主義でないとならず、今後青色申告に変更した場合(今回は白色申告)、色々なずれが生じてしまうので、はじめから成果主義で行くことにしました。

とはいえ、どのASPも成果が決まった時にこちらから請求書を出すわけでもなく、また向こうから成果報告が郵送されてくることもなく、それにどのASPもその辺の管理画面があやふやです。
税務署の相談窓口に聞いたところに寄ると、管理画面で成果が確定された時点が売上高になるというようなことを言われたので、その日付に基づいて入力したいんですけれど、この成果確定の時期や、その成果がいつ振り込まれるかがASPによっててんでバラバラ。

今回、一応私が調べた範囲でASPごとの確定時期と支払時期をまとめておきます。
なお、あんまり自信がないので参考程度に。w

各ASPごとの成果確定と振り込み時期

他のアフィリエイターは?

確定申告については、ほんとさっぱりわからない状態から始めたので、それこそ今までの私の検索経験を元にガンガンサイト巡りをしましたが、どのサイトも書籍以上のことは書いていないことが多く、苦労しました。
結局はネット上で役立つ情報は、体験談的な情報(あぁ、みんな苦労しているんだなぁ。みたいなw)として、実際には書籍から情報を得る。という形になってしまいました。
何しろ、やよいの使い方を載せているサイトなんて無いので。

で、青色申告でも65万の控除を受けるためには、複式簿記のような事細かな記帳が必要になってくるわけですが、そのためには上に上げたような各ASPが成果として確定する時期が重要になってきます。
というのも、振り込まれた日付 = 資産の増加ではなく、成果が確定した日付 = 資産の増加 という発生主義になるからでして。
ただ、この日付が正しいかは調べないと思うんですけれどねぇ~。額が額だと脱税になる可能性があるので、詳細は不明ですが・・・。

振り込みがあった日を売り上げとしている人

で、他のアフィリエイターがどうしているかを調べてみたら、多くの人が勝手に(?)成果確定日を決めているようです。
たとえば、アフィリエイト時事ネタ切りさんのブログでは、

まず、アフィリエイトの基本的な記帳方法について説明します。
毎月毎月自動的に振り込まれるタイプのASPの場合は、入金された時点で、売上げとして、各ECサイトからの収益をまとめて計上することができます
一定金額に達した時点で振り込まれるタイプのASPが多いですが、この場合も同様に考えて差し支えありません。

しかし、電脳卸やビッダーズ等、売上げが確定しても、こちらから振込み依頼をしなければ入金されないタイプのASPでは、入金された時点で売上げを計上する行為は認められません。
売上げが確定した段階で売掛金として計上し、入金された時点で売掛金回収として仕訳する必要があります。

つまり、A8ネット等の大手ASPの多くのようなものであれば、銀行に振り込みがあった時点で「売上高」と「普通預金」として記入してしまってよい・・・ということだと思います。
実際この方法を説明している先輩アフィリエイターさんが多かったので、これでもいいのかな。と。
他にも、アフィリエイトの確定申告・税金マニュアルさんでも、同じように「振り込まれた日付 = 売上高があった日」としているようです。

アフィリエイターは自分のサイトから誰かが商品を購入したとしても、それが「いつの時点か」までは分からないからです。
 
ECサイト側のレポート通りに計上していくというのも、あまり現実的ではありません。

実際には、「振り込まれた時」に計上してしまってかまわないと思います。

通常の仕事でも、デザインの発注等で請求書を出さない場合などがあります。その場合には請求と同時に領収ということにしてOKです、と以前税務署に聞いたときに回答をもらいました。

売り上げ日と振り込み日を分けてる人

また、各ASPの成果確定時期は全て月末とし、振り込まれた時期に記帳する方もいるようです。
たとえば、アフィリエイトこっそり報告ブログのアフィリさんは、このやり方のようです。

さて、記帳方法ですが、僕は売り上げを月末にまとめてたてて、入金時に入金処理をするようにしています。
入金時に両立ての処理をしても良いらしいのですが、僕はその方が管理しやすいので2回入力にしています。
万が一入金がない場合は、損金扱いにすればいいので特に問題ないですよ~

これは、私が先ほどまとめたASP別の確定時期を見ると、ほとんどが月末なのでこちらの方が間違いなさそうですね。

成果確定日にこだわる理由

なぜこんな成果確定日にこだわるかというと、たとえば、年末11月、12月に確定した成果が振り込まれるのが翌年の1月、2月っていうパターンが多いからです。
成果主義の場合、振り込まれていなくても売り上げとして計算しないとならないため、もし振り込み日として計算してしまうと、現金主義の計算方法になってしまうので。
ASPの成果確定は、どのASPも曖昧にしか書いていないので、どこで確定したかを見極めるのは難しいのですが、いったん決めたらその法則で毎年毎年計算しないといけないので、最初にきちっと決めておいた方がいいかな。と。
逆に、税務署で突っ込まれたときに、全て計算し直すってなったら大変そうだし。

ここまで書き上げるのに参考にしたサイト

初心に返る副業アフィリエイト
まさに「ウンウン!そうそう!」とうなずきたくなる記事です。(笑
私も数え切れないぐらいサイトを見回って、結局う~~ん。よくわからない・・・。なんて感じでした。
初めての確定申告では、みんなきちんとやってるのに、私の頭は人より劣ってるんじゃないか。なんて悩まされると思うんですけれど、みんな苦労しているんですよね~。
思うに、税制度が難しいというより、うまく説明できている本・サイトが少ないっていうのが理由だと思います。
結局はみんな、本やソフトではなく、青色申告会や税務署、先輩やら経験者に聞いて理解する・・・という感じのようなので。

アフィリエイトだけで生活する男
やはり、確定申告の苦労話等々を載せていらっしゃる。
結構へぇ~。なんて言う質問と回答(税務署とのやりとり)が載っているのでブックマークをおすすめします。

購入しようと思ってるもの

やよいの青色申告
最初の頃は、ちんぷんかんぷんだったんですけれど、ようやく使い方がなれてきました。
一応、どこにどう入力すればいいかをこのサイトで紹介していきたいと思います。
プリンター
確定申告には、プリンターは必須ですね。実は私は2台持っているんですけれど、どちらも壊れてしまって・・・。
プリンターのありがたみを痛感した今日この頃。
さっそく購入。
10万以下のノートパソコン
友達や知人、青色申告会等でやよいの使い方を聞くときに実際の画面を見せた方が説明がしやすいと思い、つい購入してしまいました・・・。
税金を払うために逆にお金がかかるという・・・。