免疫とアレルギー スキンケア 序曲

花粉症、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹等を扱った記事を中心にまとめています。私自身、小児科喘息・慢性鼻炎・アトピー性皮膚炎に悩まされてきたので、どう対処すればどう変わるかを...
免疫とアレルギー スキンケア 序曲
  
line

免疫とアレルギー スキンケア 序曲

Tuesday, Jun, 28, 2005
line

マーク2005年の梅雨は空梅雨でした。まだ梅雨明け宣言はでていないものの、梅雨入り宣言もあいまいなぐらい雨がふっていません。
気温も、例年に比べ涼しいような気がします。とはいえ、6月にもなるとすっかり20度を超える日々が続き、ほとんど真夏と変わらない服装になってきました。

さて、私の体もこの季節の変化と共に、忌々しい変化が起こってきました。
免疫とアレルギー 服と肌 でも書きましたが、軽度のアトピー性皮膚炎が現れるようになってきました。
今まで何ともなかった部位に症状が出てきたため、私も今回はちょっと真剣に対処しなければ・・・と。
このブログでアレルギーを扱うきっかけにもなったのも、この小さなそれでいて大きな異変のせいです。

最初の症状は暑くなってきた6月の初めか5月の終わりだったと思います。
最初は、靴下を履く程度で回避できていました。が、だんだん気温も上昇し、履かないことが多くなってくると同時に、だんだんとかゆみもましてきました。
同時期からヒジ・ヒザの裏もかゆくなってきたと思います。
これらの対処として、市販されている肌荒れ用のクリームを塗っていました。
対して効果があるわけではありませんが、やらないよりはマシ。といった状態だったと思います。

6月も半ばになりかけ、いっそう症状が強く出てきました。このころ、足の付け根の表側は一般に軽度のアトピーに見られるようなカサカサして荒れた感じでした。皮がむけたりかきむしりの為に出血するといったほどではありませんでした。が、一日のうち、数回強いかゆみがある。と、いった感じでしょうか。
それは主に左側が強く表れていたと思います。
左足首・左足のヒザの裏。
一番頻繁に、そして強く表れた場所がここです。

6月も後半になり、いっそうかゆみがひどくなってきたので、去年皮膚科から頂いたステロイド剤を塗りました。
これが効果抜群で、このステロイド剤とここで紹介するスキンケアをして以来、ほとんど症状が出なくなりました。

まず、スキンケアの方法に行く前に、なぜ乾燥肌がアトピーと関係があるのかを調べてみました。

健康に関すること全般に言えるのですが、○○がいいって聞いたので食べる。○×を実行するといいって聞いたから毎日実行する。ではなくて、○○をとると、こうこうこういう作用によりこういった状態になるので健康にいい、病気に効く。と、いった考えにしないと、このブログで何度か言っていますが、本当にいいモノが見えなくなると思います。
なぜ寒天がダイエットにいいか、理由を調べてから買うようにして欲しいと思います。特に女性に言いたいです。これは。
だまされてからあれこれ言っても、なんか説得力がない気もします。


マークで、やはり何度も言いますが私は専門家ではありません。よって広大な情報の海の中から、必要な、それでいて正確な情報を探し出しているつもりではありますが、確証を持てないのが本音です。
私が記述してきた色々なことも、頭ごなしに信じるのは避けてください。

それと体質による反応の違いって非常に大事なことだと思うのですが・・・。
なので、○○を飲めば必ずよくなる!ってちょっとオカシイ。
○×を飲んだ被験者のうち40%に効果が・・・・。でも、60%には効かなかったんだよね。
といった別の側面から見る必要もありそうです。

投稿者 campanella : 2005年06月28日 21:32 | 免疫とアレルギー・アトピー | 編集
line
□□□ トラックバック □□□

このエントリーのトラックバックURL:

□□□ コメント □□□

line
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
 
  kado