アトピーとアレルギー 経過報告 0500808

花粉症、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹等を扱った記事を中心にまとめています。私自身、小児科喘息・慢性鼻炎・アトピー性皮膚炎に悩まされてきたので、どう対処すればどう変わるかを...
アトピーとアレルギー 経過報告 0500808
  
line

アトピーとアレルギー 経過報告 0500808

Monday, Aug, 08, 2005
line

例年に比べると涼しいとは思いますが、それでも暑いですね。
エアコンは必須です。

前回の経過報告からある程度時間がたちましたが、ほとんど症状には変わりありません。
時々、足のヒジの裏がかゆくなったり、手のヒジの裏、はたまた足首に軽い症状が出る程度です。
それよりも何より、蕁麻疹と思われる症状がほとんどでなくなったのには驚きです。
完全ではないとは思いますが、気にならないレベルです。

んで、友人の話を聞いてるとやっぱり風呂上がりしばらくたって、エアコンに当たったりしているとかゆくなるそうなので(アレルギー症状が出ない人)、体の洗い方や入浴後の肌の手入れがかなり重要なポイントになっている気がします。

入浴・肌の洗浄 ⇒ 皮膚の保護成分(セラミド)が奪われる
 ⇒ 乾燥肌 ⇒ かゆみ神経の成長 ⇒ 異物がなくてもかゆみ
 ⇒ 肌荒れが更にかゆみ神経の成長を促進 ⇒ さらにかゆみ

こんな悪循環が作用してしまっているのかも知れません。

実は、6月になりかけの頃までは、漢方を使ってかゆみ神経の成長を抑制したり、免疫細胞T1、T2のバランスの正常化等を考えていましたが、漢方は高い!(効果はかなり高いらしいのですが)
よって別の方法を。と悩んでいました。
かといってアヤシイ民間療法も絶対避けたかったし、名の知れた企業以外の製品を買うのにも抵抗があったので、成果が出てよかったですね。

で、何をしてるかっていうと以下の方法で肌の手入れです。

・入浴時はなるべく保湿をうたった入浴剤を入れる
・体を洗うときは石けんシャンプーを使い、手の平のみで洗う
・入浴後体をタオルで拭いたら、即座に保湿剤を塗る
・かゆみを感じたら保湿剤を塗る
・汗によるかゆみの場合は、水で洗浄する程度(洗浄後保湿剤を塗る)

一応、安物ですが入浴剤を使用しています。色々な種類のものが売られていますが、とりあえず保湿をうたったものを選んでいます。
また、もっとも大事な、そして影響があると思われるものに、この体の洗浄の仕方があります。
俗に言われているボディーシャンプーは、洗浄成分が強すぎるため悪影響が出るようです。
私の場合は、固形石けんだと面倒なので「 石けんシャンプー 」を使用しています。
また、スポンジ等は一切使わず、石けんシャンプーの泡を手に取ると、そのまま全身をなでるように洗っていきます。
これももっとも大事(おそらく一番大事)な手入れの1つに、入浴後の保湿成分の塗布があります。
最初はベビーオイルを使っていましたが、1.効果が少し薄い、2.べたつく、の理由から、今は保湿剤として販売されているスキンミルクを使っています。
ベビーオイルは、体が濡れていても使用できるのと、塗りやすさから使いやすいのですが、どうも効果は少し劣るようです。
なるべくセラミド配合の保湿剤がいいようです。
あとは日常生活においてかゆみが発生したら、ステロイド剤や薬を塗る前に保湿剤を塗って様子を見るようにしています。


肌の手入れ以外にも、

・週1回布団を干す(マットレスも干す)
・干し終わったあとは布団に掃除機をかける
・週1回掃除機で部屋を掃除する

一応、ダニはいないような気がしますが、原因の1つとして上がっている以上対策をとらないわけにはいきません。
毎週日曜日晴れていれば、布団を干し、取り込んだあとは掃除機をかけるようにしています。
特にマットレスの方がダニが発生する可能性が高い気がするので、マットレスも干しています。
また、アレルギーの元でもあるダニの死骸が部屋にあっては、元も子もありません。
同じように週に1回、もしくは汚れてると感じたときは掃除機をかけています。


関係ないと思われるものとして、

・甘いモノの摂り過ぎは、あまり関係ないようです
・全般的に食事等による変化はあまり見られないようです
・タバコも関係ないようです
・運動等も関係ないようです

これに関しては去年ないし例年と今年を比べた結果から判断しました。
去年は、禁煙のストレス(?)からかお菓子や間食がやめられなくなりました。が、今年は甘いものやお菓子はほとんど口にしなくなりましたが、6月はかゆみの症状が出ていました。
今でこそ出ませんが、その原因はおそらく肌の手入れの方が最も高い気もするので、食べ物によって症状が出たりでなかったりというのは、ほとんど気にしなくていい程度だと思います。
またタバコもしかりです。
運動も、去年はジムに通っていたのですが、例年通りの症状が出ていたので関係ないと思います。


関係あるかないか不明なものとしては、

・ストレスの有無
・室温の高低
・年齢による変化

実は、去年痛みによるストレスのせいで、体調を崩してしまいました。その時に改めてストレスの怖さを実感したのですが、今年はそのストレスもかなり薄れています。よってアレルギー症状が緩和されているのかも知れません。ただし、おととしやそれ以前の年でも症状が出ていたので、ストレスとアレルギーの関係ははっきりとはわかりません。
最初に書きましたが、今年は冷夏+雨も少ないので、その辺によりアレルギー症状が緩和されているのもなきにしもあらずです。
一般的に、免疫機能は歳と共に正常化していくといわれているので、その影響もあるかもしれません。


以上が、今時点の私の考察です。

投稿者 campanella : 2005年08月08日 03:47 | 免疫とアレルギー・アトピー | 編集
line
□□□ トラックバック □□□

このエントリーのトラックバックURL:

□□□ コメント □□□

line
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
 
  kado