セキュリティ警告ダイアログを表示させない

Windowsの基本的な使い方から役に立つテクニックまで扱いたいと思います。
セキュリティ警告ダイアログを表示させない
  
line

セキュリティ警告ダイアログを表示させない

Saturday, Feb, 11, 2006
line

セキュリティ警告ダイアログバリューコマーズや電脳卸と契約している人は、レポートを見にサイトにアクセスすると左のような警告ダイアログに悩ませていると思います。

これは、HTTPSプロトコルを使用したページとHTTPプロトコルを使用したページを同一窓に表示させる時に表示されるはずです。
HTTPSプロトコルとは、データのやりとりを暗号化して行うプロトコルのことで、途中でパケットをキャプられてもどんなデータなのかは判別できないので、主になにかしら大事な契約をネット上で行う時に使われます。
が、はっきりいって学校や不特定多数の人が混在する大きな会社やネットワーク、それからアヤシいプロパイダーにでも加入していない限りほと~んど心配しなくても大丈夫ですが・・・。
たまに書籍などでも、他のパソコンのやりとりを覗く方法とか載っていますが、かなり限定した環境でないと無理なので目くじらを立てて心配しなくても平気です。
が、このところマイクロソフトはセキュリティに関して躍起になっているのでこうした警告を表示させているんだと思いますが。
で、この警告ですが、おそらくみんな「はい」を選択していると思います。
よほどアヤシいサイトにいかない限り、このダイアログ表示は必要ないと思うので、このダイアログを表示させない方法を書いておきます。
やさしい方法なので、たぶんみんなこの設定をやっていると思いますが、一応画像付きで説明を。

ツール→インターネットオプションブラウザの上部のメニューの「ツール」から「インターネットオプション」を選択します。

セキュリティタブのレベルをカスタマイズをクリック「セキュリティタブ」を選択し、下部にある「レベルをカスタマイズ」というボタンをクリックします。

「混在したコンテンツを表示する」を「有効にする」リストの中にある「混在したコンテンツを表示する」の部分が「ダイアログ表示」にチェックが入っているので「有効にする」にチェックを入れます。

レベルの変更で、「はい」を選択警告が出てくるので「はい」を選択し、ダイアログの「OK」ボタンを押します。

これで変な(?)ダイアログが表示されなくなったと思います。
一応念のためにブラウザを再起動させておいてください。
※なお、この設定を行ったことにより生じた損害・不利益等は一切当方は責任を持ちません。
今後この機能により防げていたセキュリティーホールが見つかるかもしれません。よって、各自の判断と責任で実行してください。

と、おきまりの文句を書いておきます。(^ ^;ゝ

投稿者 campanella : 2006年02月11日 18:24 | 使いやすく? | 編集
line
□□□ コメント □□□

line
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
 
  kado