自動相互リンクツール 改良

自動相互リンクツール 改良
  
line

自動相互リンクツール 改良

Friday, Feb, 17, 2006
line

自動相互リンクツールの改良をやっていたりします。
私は元々、相互リンクは非積極的で、去年の8~11月頃はぽつぽつと相互リンクをしていたのですが、今はほとんど自分から申し込むことはありません。
最近の相互リンクは、このツールの登録サイトさんぐらいですね。
一応、自動相互リンクツールなので、放っておいても相手方さんがきちんとこちらへのリンクを貼ってくれているならば、相互リンクに追加される仕組みなので、私の方からあれこれ頼むことはあまりありません。
ただ、メールでの相互リンクの問い合わせが時々あるので、その場合は、手動でこのツールに私自身が登録しています。
どちらにせよ、このツールを使うと今までめんどくさかった相互リンクが簡単にできるので、自分で作ったわけですけれど気に入っている作品・ツールの1つです。

実は一時期、被リンクこそが最大のSEO対策と信じていた時期があり、そのためには相互リンク用のCGIやPHPを使おうと前々から思っていたのですが、いざ自分の要求を満たしてくれる相互リンクCGI/PHPを探してみると、なかなかありませんでした。
私の希望するデザインレベルに関しては、ほとんど無いといってもよく、デザイン・HTMLは自分でやればいいかぁ。なんて思いながら、ネットで見つけたとある相互リンクツールを改良していたのですが・・・。
デザイン・HTMLだけじゃおさまらず、これなら自分で作ってしまった方がはやい。という結論に至りまして・・・。

結局自分で作ることに。
改良してた頃は数日間(何しろ他人のプログラムを改良するのは非常にしんどい)かかっていたのですが、自分で0から作ってみたら1日半でだいたいが出来てしまったんで、初めから自分でやってればよかったんですけれどね。w

私の希望している機能としては、
・静的なHTMLファイルを出力するもの
・相互リンクのみに特化したシンプルな機能のもの
・登録時に自動で相互リンクを貼ってあるか識別してから登録する機能
・とにかく簡単に使えること
でした。
「静的なHTMLファイルを出力するもの」に関しては、今はSEO対策としては動的なファイルでも変わらない。という結論に至っています。
というのも静的か動的かより、URLが複雑かそうでないか。の方が重要だと思います。
たとえば、動的な場合は以下のようなURLになったりしますが
http://aaaa.com/bbb.cgi?name=aaaaa&am;value=bbbbbbbbb&key=cccccc
このように複雑だと、ロボットはいやがるようです。
さらに、どうもロボットは「?」以降をはずした状態のURLにアクセスするようで、そうなると全然違うページとして認識されてしまう可能性も。
またgoogleはURLの途中に「id=」というような文字列があると、キャッシュしない。なんて事をヘルプに記述してありましたので、動的か静的かよりURLの複雑さが重視されるんじゃないかなぁ。と。
また、静的か動的かを判別する決定的な材料がないのも、この事を裏付けています。
たとえば、「.html」だったら静的なファイルかというと、サーバーの設定で簡単に「.html」でも動的なファイルとして動作させることも可能です。
この方法は色々ありますが、たとえば、DVD販売このページは、拡張子が「.html」ですが動的なファイルです。
東京ホテル このページはURLが「/」で終わっていますが、やはり動的な出力です。

では、どうにか静的なファイルか動的な出力かみ分ける方法がないのでしょうか。
まぁ、あるといえばあります。
ちょっと難しい話になりますが、HTTPプロトコルでは、データを送るに先立ってヘッダーというものを送信することになっています。
たとえば、データが何バイトなのか。データの採取更新日はいつか。Webサーバーは何を使っているか。またそのバージョン等々。
そうそう、データの文字コードやPHPで出力されたかどうかも送信しています。
たとえば、たいていのWebサーバーはファイルがいつ更新されたかを出力していますが、CGIやPHPの場合は出力しません。
またPHPを使用している場合は、PHPのバージョン等がデフォルトで出力されてしまいます。
なので、これらの出力が返ってきたら動的なファイルと判断してもよいかもしれません。
が、実際には、これも偽装したり色々制御できるので、なかなか静的なファイルか動的な出力かを判別するのは難しいでしょうね。
なので、検索サイトも動的か静的かはあまり重視しないでしょう。
また、googleのヘルプにも動的なファイルだから上位表示されなかったり、インデックス化しない。なんて事は書いてありませんし、あまり気にしなくてもいいでしょう。それよりは、URLの複雑さの方が重要だと思います。

「相互リンクのみに特化したシンプルな機能のもの」ですが、多くの相互リンクツールは、検索機能やら、色々な管理機能がついていますが、実際必要ないし、かえってそうした機能の存在が相互リンクの複雑さを呼んでいる気がするので、省きました。
作るのもめんどくさいですし。w

「登録時に自動で相互リンクを貼ってあるか識別してから登録する機能」これは、最近のブログはトラックバックをするときに、トラックバックの送信側に自サイトのURLが無いと自動で拒否してしまう機能をつけたブログが登場してきましたが(ライブドアブログとか)、それと全くシステム的には一緒です。
登録する時に、相互リンクを貼ったページを調べて、こちらの指定したリンクが貼られていないと登録できないようにしました。
何人かがこれを理解してくれなくて、何度も登録してくる人がいますが・・・。
きちんとこちらへのリンクを貼ってくれれば、たいていは登録できる・・・・・ハズ。

と、こんな感じなんですけれど、機能的にはすごい単純な割に、なかなかうまく動作してくれなくて・・・。
今まで作ったツールの中でも最も自信がない(汗)作品です・・・。
が、結構注目を浴びてきたせいか、特に宣伝していないのですが、登録してくれる方が増えてきました。
さらに先日、このツールを使わせて欲しいとご希望の方まで現れて。
今、改良しています。
このツールを作った頃は、いずれは配布できるレベルまでにしようと思っていたのですが、当初あまりに不具合が多く、その計画もお蔵入りにしていたのですが、ここ最近の修正でどうにかエラーがでないようになってきたようなので、本来は忙しくてお断りするところだったのですが、きちんとしたサイトポリシーをお持ちの方だったということと、こちらのペースで進めてもらってもかまわないと言うことなので、ちょっと改良して他のサイトでも使えるようにしてみようかな。と。

アクセス数とアフィリエイト成果報告

アクセス数(ユニーク)は、記録更新なりませんでした。
それでも3,300人を突破。あまり記録にはこだわっていないのですが、まぁまぁいい成績なんじゃないかなぁ。と。
ここ最近いくつか新しいコンテンツを加えたので、最終的に4,000人ぐらいになるんじゃないかと思っています。
んで、そのうちの1つが「ホテル予約検索」ツールで機能的に結構気に入っているんですが、これが全く・・・。
一応は、MSNからかなりマニアック(?)な単語での訪問者があったようですけれど、YSTとgoogleにはさっぱり。
YSTには46ページほどインデックス化されているので、そろそろ訪問者があってもいい頃なのですが、どうも今の状態では好かれなかったようで。
YSTの場合はインデックス化された時が勝負なんで、インデックス化されたのに訪問者がないということは、ちょっと改良の余地がありそうですねぇ。
ま、落ち着いたら様子を見ながら改良してみます。
他のアフィリエイターさんもホテル系で結構売り上げを上げているようなので(ってホントかどうかわかりませんが・・・)、私のSEO対策で一波乱起こしてやりたいな(大げさw)と。

私のように稼いでないアフィリエイターは、アレかもしれませんが、稼いでいる人にとっては追われているような感覚かもしれませんね。
ボクシングで例えるなら、チャンピオンと無数の挑戦者。みたいな。
私の今のやり方では、トップアフィリエイターまでの道はまだまだ遠いと思いますが、私に強みがあるとしたら「技術」と「知識」、それと「SEO対策」なんじゃないかなぁと。
どれもまだまだ2流ですが、少なくともアフィリエイターの間ではいい方なんじゃないかと思っています。
なのでこれを武器(?)に、アフィリエイト界に革命を!なぁんて・・・。

んで、このSEO対策なんですけれど、いいことばかりではなくて・・・。
えっと、googleなんかだとかなりの確立で狙ったターゲットキーワードを上位表示させていますが、とある私が管理しているサイトのキーワードを他のサイトで使ったら、そちらも上位されてしまいまして・・・。
ある意味、自分のサイトが最大のライバル状態になっています・・・。
たとえば、これはあまり狙ってなかったんですけれど、たまたま楽天のコンテンツを作っている時によく耳(目?)にした「中村堂ゼラチンパウダー」なんですけれど、こちらのページが上位表示されれば万々歳なんです。が、実際はこのブログの方が上位表示されていまして・・・。
どういうわけかこのブログ、かな~りSEO対策的に良いみたいなんで、こっちでアフィリエイトした方がいいんじゃないか。みたいな・・・。

基本的にこのブログの場合、キーワードを狙っている記事と、全く狙ってない記事の2パターンがありまして。
どう違うかは書いている私しかわからないかもしれませんが、たいてい狙ったキーワードの記事を書くと上位表示されます。
私の検索サイトからの訪問者数2,300人のほとんどがこのブログへのアクセスを考えると、どれだけこのブログがSEO対策的に強いかわかると思います。
特にサーバーやプログラムといった、あまり需要がないキーワードでこの数字をたたき出しているので、そういった意味でもこのブログはSEO対策的に好かれているのかなぁ。と。
なんで強いのかはよくわかりませんが・・・。

実は、自動相互リンクツールを作り始めた頃思ったのが、0からブログを作ってみようかな。ということでして。
今、Movable Type(以下MT)を使ってるんですけれど、まぁ、MTは色々な人が最終目標にしているようですが、私が思うにMTって諸刃の剣的なところがあるんですね。
MTがSEO対策に強いって言うのは、まるっきりの神話でして、かなりHTMLに詳しい人であればよりSEO対策としていい作品が出来ますが、そうでないと逆にまるでSEO対策に弱い最後が出来てしまう。という側面をもっています。
なので、手打ちでHTML・CSSを打てない人にはお勧めできません。
さらにMTは、Ping先が限られてしまっているので(Seesaaやライブドアブログ、それからFC2などは、専用のPingサーバーに載せられるのでかなり有利)SEO対策としては不利です。

私の場合は、テンプレートも0から書き直しましたし、プログラム自体をいじっているので、そういう知識があればまぁ、ちょっとは有利かな。程度ですね。MTは。
なので、もっとガンガンにいじれるようなブログを作ってみたいなぁ。と。
たとえば、ファイル名もMETAタグも記事ごとに自由にいじれるようにするとか・・・。
実は自動相互リンクツールとそれ程変わらない仕組みなんで、作るのはそう手間がかからないと思うんですけれど・・・。
あとはPingとトラックバックと、コメントの機能をつければいいだけの気もしますし。

じゃぁ作ればいいのに。って思うかもしれませんが、プログラムってものすご~くモチベーションが上がらないと作る気になれないので、まだ作るかわかりませんが・・・。

んで、話は変わってアフィリエイト成果ですが、昨日、一昨日あたりに電脳卸の売り上げがあったようですが、何せレポートの見方がいまいちよくわからない。w
なので本当に売れているかよくわかりません。爆
検索サイトからの訪問者数が191人程度だったので、アクセス数は伸びているようです。
そろそろこのサイトもアクセス管理プログラムを動作させるレベルになってきたようですね。

逆に、格安ツアー検索の訪問者数が減ってきたような・・・。
YSTからは116人ほどのアクセスがあったようですが、他の検索サイトがダメです。
MSNからは8人。
googleからは7人といったところ。
何とかしたいところですが、どうもめんどくさくて・・・。(^ ^;ゝ
機会があったら対策してみます。

投稿者 campanella : 2006年02月17日 03:16 | SEO対策2 | 編集
line
□□□ コメント □□□

line
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
 
  kado