検索サイトの動き

検索サイトの動き
  
line

検索サイトの動き

Monday, Feb, 20, 2006
line

先ほど、いつものようになが~い記事を書いていたら、いざ投稿って時になってブラウザがフリーズしました・・・。
数千文字が一瞬に・・・。
もしかしたら、しばらくして復活するかと思ったら一向にそんな気配が見えないので、やむなく強制終了しました。

色々書いていましたが、ちょっと変更して。
一応、その記事にも書いていましたが、ここ最近の検索サイトの動きを。

私は、特に検索サイトの発表等は意識してみてないので、なにか動きがあっても数日後に知ったり、もしくは知らないまま過ごしたり・・・。
なので、ここ最近の動きも正確にはわかりませんが、私のサイトのアクセスログから、動きがあったんじゃないかと思うようなことがあったんでメモしておきます。

google
2月初頭の記事にも書きましたが、それまで飛ぶ取り落とす勢いでアクセス記録を更新していた当サイトでしたが、1月30日、31日に2,800人越えという記録を作った後、2月に入ってからいきなり2,600人にまで落ち込みました。
去年の7月から順調にアクセス数を伸ばしてきましたが、これほどアクセス数が減ったのは初めてでした。
調べてみると、google経由での訪問者数が減っていました。
また、googleで上位表示を狙って、なおかつ上位表示されていたキーワードのページが、軒並み順位を落としていました。

おそらく、2月に入ってgoogleで何らかの動きがあったんじゃないかと思っています。
一応、今は復活しましたが、2月1日~12日まで停滞していたね。
それまではgoogle対策を色々とやっていましたが、どうもそれらの一部がスパムにとられている可能性があるので、今はほとんどgoogle対策はしていません。

YST
YSTは、ここ最近2回の動きがあったんじゃないかとにらんでいます。
1つ目は、今月の14日です。
googleでも書きましたが、2月に入って2,500~2,700あたりをうろうろしていましたが、いきなり14日に3,200人になりました。
ここ最近新しいコンテンツを公開しはじめていたので、それらへのアクセスが増え始めた。というのもあるかもしれませんが、この15%近くのアクセス数増加は、それらだけではとても説明できません。
しかも、このときは新しいコンテンツへのアクセス数はほとんど皆無でしたし。

調べてみると、YST経由からのアクセス数が一気に増えていました。
さらに、別のサイトでも今月19日に20%程のアクセス増加がありました。
多少新しいコンテンツへのアクセスが増えたというのもありますが、それだけではとても説明がつきません。
よって、YSTに何らかの変化があったんじゃないかと思っています。
おそらくアルゴリズムの変更じゃないかな。と。

YSTは、10月12日のそれまでの登録型の検索サイトから、ロボット型の検索サイトに変更になりました。
さらに、12月の10日あたりにも、大きなアルゴリズムの変更がありました。
ほとんどのサイトが、このときに大きく順位を落としているようで、ブログでも大騒ぎになっていましたが、幸いなことに私のサイトは、YSTのアルゴリズムが変更されるたびに大きくアクセス数を伸ばしています。

思うに、YSTはよりgoogleに近づいているんじゃないかと。
そして、より正しい知識・技術を持ったサイトでないと、勝ち残れなくなりつつあるんじゃないかな。とにらんでいます。
ブログの登場によって、だれでも簡単に正しい技術を持つことが出来るようになってきました。
が、同時に汎用性が高くなってきていて、どんどん正しくない方向へも向かっているんじゃないかな。と。

・被リンクを増やすこと
・Movable Typeこそ最高のSEO対策に特化したブログ

なんていうまやかしを信じているサイトオーナーは、おそらくアルゴリズムの変更と共に、アクセス数を落としているはずです。
そして、上の2つのまやかしがどういう事かを理解しているサイトは、逆にアクセス数を伸ばしているはず。
私としては、そうやって淘汰されていった方がいいんじゃないかと思っていますが。

MSN
MSNは私がもっとも苦手とする検索サイトです。
というか、対策がサッパリわかりません。
この検索サイトだけは、被リンクを増やそうが何をしようが全く変化がありませんでした。
また、ひとたび上位表示されたと思ったら、数時間後には圏外へ。なんて事はざらです。

実は、先月(1月)の10日あたりに、当サイトのMSNのインデックス数がなぜか0になりました。
私のサイトには、数千ページに及ぶページがありますが、なぜか0に・・・。
元々、MSNからの訪問者数は、せいぜい数人程度だったので、アクセス数自体に変化はありませんでした。

が、数日後徐々にインデックス数が増えてきて、それに伴ってMSNからの訪問者数が増えてきました。
今では、300人近いMSN経由の訪問があります。
MSNからの訪問者を観察していると、ブログの各記事へのアクセスがほとんど無いんですよねぇ。
たいていは、非ブログページか、ブログであれば、カテゴリーインデックスページぐらいです。

こうしたこともふまえて、1月半ばあたりにMSNもアルゴリズムの変更があったんじゃないかとにらんでいます。

アクセス数更新

予想通りというか、当サイトのアクセス数(ユニーク)の記録が更新しました。
昨日は、3,775人のアクセスになりました。それまでが、3,474人が最高だったので、一気に300人の更新となったわけです。
ちなみに、この増加は検索サイトのある後リズムの変更ではなく、新しいコンテンツへのアクセス増が原因でしょう。
もう一つのサイトの方でも、記録更新とはなりませんでしたが、ほぼそれまでの最高記録と同じアクセス数がありました。
特に、某コンテンツがものすごいアクセス数になっています。
こんな人気があるんだったら、もっと早めに作っておくべきだったと公開しています。
とはいえ、何が人気があるかはなかなか予測がつかないもの。
今回の成功は、他の分野にも応用できると思うので、今後このコンテンツを解析して、新しいツールを作成してみたいと思っています。

アクセスが好調なコンテンツがある反面、どうもうまくいかないコンテンツもあることも確かでして・・・。

ウコン

ウコンは、東洋ハーブに分類されるようですね。
って、いきなり話が変わりましたけれど、気にせずに。w

私は一時期プロテイン(タンパク質)の飲み過ぎで肝機能障害と診察されたことがあります。
タンパク質は、体内に取り込まれると、アミノ酸ペプチドに分解され、最終的にアミノ酸に分解されて吸収されるといわれています。
その分解の役割を担っているのが、肝臓であまりとりすぎると肝臓がやられてしまうということを聞いたことがあります。
私は毎日膨大な量のプロテインを飲んでいたので、おそらくそれが原因で肝臓をやられてしまったんだと思います。
というのも、私はほとんどお酒を飲まないので。

で、肝機能障害にはウコンがいいという記述をよく見かけていたので、さっそくウコンを取り始めました。
とはいえ、なかなかこうした症状はすぐに変化が起こるものではなく、途中でめんどくさくなって取るのをやめてしまいましたが・・・。w
なんかウコンは取りすぎてもよくないそうです。
東洋ハーブを見るとニンニクも含まれていますね・・・。
私は、小児科喘息だったこともあり、子供の頃に色々なニンニク成分配合のサプリメント(?)のようなものを飲まされていました。
それだけでなく、今の時期はニンニクをアルミホイルで包んでストーブの上で焼いたものも食べさせられていましたね。
基本的に私はニンニクは好きなんで、苦痛ではありませんでしたが、どうも私はニンニクパワーには懐疑的です。
まぁ、体にいいんでしょうけれど、これといった症状緩和効果が現れたことがないので・・・。

投稿者 campanella : 2006年02月20日 23:03 | SEO対策2 | 編集
line
□□□ コメント □□□

line
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
 
  kado