VIA C3でカーネル2.4を使うには

04/01/11

VineLinux2.6r3が出たらしいので、新規にインストールしてみました。

まずは無料で試したかったので、http://vinelinux.org/の「Vine Linux の入手方法 」→「FTPサイトより」から入手。
「B'sGold」で「iso」の抽出を行いHDDに保存させてからそれをCDに焼いた。ところが、ブートCDとして認めてくれない・・。
仕方ないので、雑誌に付属しているやつでインストールした。
しょっちゅうアップグレードを繰り返していれば、今回の「r3」は必要ないのですが、「VIA C3」にもうまくインストールできると聞いたので、ぜひとも「カーネル2.4」を試したかったのです。

ところが!インストールはうまくいったもののカーネル2.4は起動できない!以前と同じように、再起動を繰り返すだけ・・・。(このあと、もう一度インストールしたのだけれど、今度はデスクトップにCD-ROMのアイコンが出なくなった・・・。汗 インストール中に画面変更いろいろいじったせいかな・・汗)

VineLinux」のサイトに対処法が載っていましたが、撃沈。w
撃沈というよりは、ほかに手続きが必要なようでした。(^^ゞ

というわけで、その方法を載せておきます。
用意するものは、VineのインストールCDです。

とりあえず「カーネル2.2」で起動します。

1. 「apt」によるカーネルのアップグレードを行う。
具体的には、

#apt-get install kernel-doc kernel-headers kernel-pcmcia-cs kernel-source

2.VineのインストールCDをCDプレーヤーにセットし、デスクトップ上の「CD-ROM」のアイコンをダブルクリックして開きます。

3.中身が表示されたと思いますので、「Vine」のアイコンをダブルクリック。さらに「RPMS」をダブルクリックして開く。

4.「karnel-2.4.**-0vl*.i586.rpm」のようなファイル名のファイルがあるか確認する。

5. ターミナルを起動し、

#cd /mnt/cdrom/Vine/RPMS/

と、入力。

6.続けて以下のように入力

#rpm -i --force kernel-2.4.22-0vl2.8.i586.rpm

(※ファイル名は、CD-ROMによって違います。)

まとめると

A:インストールCDに入っているカーネルの「i586.rpm」のついたものを「rpm」によりインストール(強制上書き?)する。(オプションは「-i --force」)

B:「apt」により、カーネルを最新のものにする


リブートしたら早速「kernel2.4」で立ち上げてみましょう。

FTPサイトからカーネルの新しいバージョンをDLしてきた場合のアップグレード方は、(「/root/Down」に「kernel-2.4.22-0vl2.8.i586.rpm」をDLしたとする)

# rpm -Fvh kernel-2.4.22-0vl2.8.i586.rpm

と入力します。

今現在のカーネルのバージョンの確認方法は、ターミナル上で

#uname -a

と入力すると、カーネルのバージョンが表示されます。

場合によっては、バージョンが古くなっているかもしれないので、「VineLinux」の「FTP」サイトから新しいものを拾ってきて、上記のやり方で再度バージョンアップしておいてください。(^^ゞ

<Pre Next>

■目次

■予定

VineでPHPを使うには

PHPAのインストール

SSLのチューニング


■最近観た映画3

 


■ここがサブタイトル