DNSの設定(IPアドレスからホスト名に変換)

04/01/15

Linux側の設定-2-

次は、IPアドレスからホスト名に変換させるデータの作成を行います。

1.「Webmin」の「サーバ」→「BIND DNSサーバ」→「新規のマスターゾーンの作成」をクリック。

2.
ゾーンの種類
逆引き
ドメイン名/ネットワーク
ローカルIPの上3つ
(例:192.168.1(※IPの上三つ))
E メール アドレス
先ほど入力したものと同じものに最後に「.」をつけたもの(※「@」を「.」で記述する。また、最後は「.」をつける!)

作成」ボタンを押します。
これによって「/etc/named.conf」に

zone "1.168.192.in-addr.arpa" {
type master;
file "/var/named/192.168.1.rev";
};

という行が追加されます。
また、「/var/named/192.168.1.rev」というファイルが作成されます。

3.Webminの画面は、「逆引きアドレスレコード」の「192.168.1内」という画面になっていると思います。

アドレス
サーバのIPアドレスを記入
(例:192.168.1.2)
ホスト名
対応するホスト名を記入
(例:aaaa.bbb.jp.(※最後に「.」をつける))

作成」ボタンを押す。

これにより「/var/named/192.168.1.rev」に

2.1.168.192.in-addr.arpa. IN PTR aaaa.bbb.jp.

という行が追加される。

4.同じように別のサーバもしくはクライアントPCの分だけ繰り返す。

アドレス
クライアントPCのIPアドレスを記入
(例:192.168.1.3)
ホスト名
対応するホスト名を記入
(例:pc.aaaa.bbb.jp.(※最後に「.」をつける))

終了したら、「BIND」を再起動する。

これで、Linux側の設定を一時止めて、Windows側の設定をします。

<<Pre Next>>

■目次

■予定

VineでPHPを使うには

PHPAのインストール

SSLのチューニング


■最近観た映画3

 


■ここがサブタイトル