カルボナーラの作り方

ペペロンチーノやナポリタン、ミートソーススパゲティーとならんで人気の高いカルボナーラを簡単に作る方法を紹介します。

DVDからサイト構築まで

カテゴリー

RSS

※ 本文中の画像をクリックすると拡大表示されます。

※ 料理サイト
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

カルボナーラの作り方

2006/12/12 18:07

カルボナーラ

ペペロンチーノが割と、あっさりとした感じなのに対して、こっちはこってり派。
ミートソースやペペロンチーノに飽きたら、このカルボナーラにチャレンジしてみるといいかも。
結構簡単に、そしておいしいパスタ料理の完成です。
基本的にカルボナーラは、チーズと卵を使ったパスタ料理ですが、チーズはパルメザンチーズという日本語でいえば「粉チーズ」。
ところがこの粉チーズ、結構高い。
なので、クリームスープで代用。
安く簡単に、そしておいしくできるカルボナーラの作り方の紹介です。

カルボナーラ 材料

ベーコンカルボナーラは、ペペロンチーノと同じでほとんど具らしい具がありません。
また、こってりとしたカルボナーラは、飽きっぽい味になりがちなのでこのベーコンで味を引き立ててやります。

卵今回は2人分です。
一人分あたり1個の卵を用意してください。
白身も使用します。

ホワイトクリームソースの素今回使用したのが、この「ホワイトクリームソース」。
100均でも、スーパーでも売っています。
100円のものと、200円のものがあるようです。
このホワイトクリームソースの素がない場合は、ホワイトスープ用の素でもかまいませんが、なるべく顆粒のものにしてください。

牛乳300ml牛乳300ml。
一人分の場合は、150mlほど。

カルボナーラ 調理方法

パスタ塩小さじ一杯を入れた、たっぷりの水をわかし、沸騰したらパスタを入れ、指定された時間茹でます。
多少固めの方がいいかもしれません。

ベーコンをカリカリになるまで炒めます茹でている間に、具とスープを用意します。
ベーコンを炒めますが、やわらかいと食べていても、ベーコンなのかパスタなのか区別がつかないので、カリカリになるまで炒めます。

ホワイトクリームソースの素を入れ、よくかき混ぜますソースを作るときも私の場合中華鍋を使用しています。
特にカルボナーラのような洗うのに手間がかかりそうなものは中華鍋の方が便利。
牛乳を中華鍋に入れ、多少沸騰してきたらホワイトクリームソースの素を入れ、よくかき混ぜます。
初めはとけにくいので、よくかき混ぜます。

こしょうを少々、卵を2個入れますソースの素がとけたら、こしょうを少々入れ、卵を二つ入れます。
卵を入れたら、即菜箸等でかき混ぜてください。

ベーコンを入れ、茹で上がったパスタを入れます卵が完全に混ざったら、先ほど炒めておいたベーコンを入れます。
ホワイトソースが、ドロドロっとした感じになったら、茹で上がったパスタを入れよく混ぜ合わせます。

パスタにソースが絡まったら出来上がりパスタによくソースを絡めたら出来上がりです。
ソースに絡める間、多少パスタがやわらかくなるので、パスタをゆであげる時間は短めにしておいた方がいいかもしれません。

ちょっとパスタが多すぎましたね・・・。実際には、1人あたり100~120gでよいでしょう。
画像は、150g程のパスタです。

総評

レトルトのパスタにかけるだけのカルボナーラ セットと違ってちょっとあっさり目。
もう少しドロッとするまでソースを熱した方が良かったかなぁ。と思います。
こってり感とチーズが好きな人であれば、パルメザンチーズをソースと出来上がったあとにたっぷりかけるといいかもしれません。

関連商品の紹介


カルボナーラ セット

パルメザンチーズ

パスタ

牛乳


ベーコン

中華鍋全般

チタン製中華鍋