DirextX 動画が再生されない

新しいパソコンにしたら、動画がうまく再生されません。調べてみるとDirextX関係がおかしいと言うことが判明。

DVDと動画と裏技と

カテゴリー

RSS

DirextX 動画が再生されない

2006/12/30 03:15

急にパソコンが立ち上がらなくなり、マザーボードからCPUまで新調することになりました。
原因は、起動時にUSBのカードリーダーに刺しておいたマイクロSDカードをSDカードとして読み込むアダプターのせいだったようで、はずしたらすんなり起動・・・。
とはいえ、6万もかけて最新のパーツにした成果はエンコードのスピードによって発揮されることになるわけですが。

エンコードスピードの比較はまた機会があるときに譲るとして、今回もすべてパーツを自分で購入して自作したものの、やけにトラブルが多い・・・。
その一つが、動画がうまく再生されない。
基本的に動画がうまく再生されない最も多い原因の一つが、エンコーダーがインストールされていない事にあります。
たとえば、「DivX」でエンコードされた動画を再生させるには、DixX用のエンコーダーがインストールされていなければなりません。
私がおすすめしているMPEG4系のエンコーダーはWMV(Windows Media Video)なんですが、おすすめする理由としてWindowsXPで標準でインストールされており、低いビットレートでも高画質を得られるからです。

DirectXが原因?

ところが今回の場合、きちんとエンコーダーがインストールされているのにも関わらず、動画がきちんと再生されません。
具体的に言うと、再生されるもののシークバーをクリックするなりして早送りをすると、画面が真っ暗になってしまいます。
また、プレーヤーをタスクに隠したあとも同じように真っ暗になってしまう。
音声は聞こえているので再生はされているものの、動画が表示されないようです。
更に言うと、再生されても画面がすごく明るいし、画像が汚い。

ウーン。困った。原因がよくわからない。こんな現象いままでなかったし。
怪しいと思ったのがグラフィックボードのドライバー。
今回購入したマザーボードは、DG965SS
グラフィックボードはマザーボード上に搭載されているので、別途購入の必要がありません。
そういえば、組み立て終わって各種ドライバーインストール時にうまくインストールできなかったのがいくつかあったな。と。
インテルのサイトで、最新のドライバーを探してきてインストール。
ウーン。それにしてもMSIやAOpenのマザーボードの時は、割とサイトが親切に書かれていたので、とまどうことはありませんでしたが、インテルのはわかりにくい!

結局ドライバーを更新したものの、状況は変わらず・・・。
インテルのサポートに電話することに。
サポートセンターの方は、サイトとはうってかわって非常に親切な対応。
しかも、原因を調べて後日お電話差し上げます。と、結構熱心に対応してくれました。
ただ、たぶんサポートセンターの人(女性だったんですけれど)より、私の方が知識も経験もあるだろうから、サイトに私の症状が載っていない=解決できないだろうなぁ。と。(笑

サポートセンターでも原意は不明

案の定、翌日電話があったのですが、原因は不明です・・・と。
マイクロソフトさんの方に確認してもらってください・・・と。でも、マイクロソフトに電話しても、今度はインテルのドライバーが原因なので、そちらへ電話してください。なんて言われるんだろうって言うのは想像つくのでしませんでしたが。

原因と解決策

結局、どうもDirextXがうまく機能しない。DirextXを切ると一応は動画は見られる。が、画像がカクカクした感じで再生される。
DirextXをオンにしたまま再生すると、画面が明るく画質も良くないし、途中で動画が真っ暗になる・・・と。
DirextXがうまくインストールされていないか、インテルのグラフィックのドライバーがうまくインストールされていないかだろうと。

DirextXをチェックするには

ここで、DirextXがうまく機能しているかどうかチェックする方法を載せておきます。
以下は、DirextXをオン・オフするやり方。

「ファイル名を指定して実行」を選択スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。

「dxdiag」と入力dxdiag」と入力し、OKをクリック。

DirectX診断ツールが立ち上がるDirextX診断ツールが立ち上がります。
ディスプレイ」タブをクリックします。
ここで「DirextDrawのテスト」や「Direct3Dのテスト」をクリックするときちんと動作するかチェックすることが出来ます。
私の場合も、どちらも問題がない。と表示されたんですけれど・・・。
で、DirextXをオフにするには「無効」というボタンをクリックします。

OKをクリック警告が表示されるので、「OK」をクリック。
動画を再生中であれば、いったんプレーヤーを終了させてもう一度再生させるとDirextXを切った状態で再生させることが出来ます。
いっけんすると、切った状態でも画質は変わらないように見えますが、動画を拡大するとアンチエリアシング(縁のギザギザをスムーズに表現する仕組み)がかかってない画質になっているはずです。

Intel DG965SS

グラフィックドライバーを削除

せっかく高いお金をかけてパソコンを新調したので、出来れば正常に動作させたい。
おそらくグラフィックボードのドライバーがうまくインストールされていないのが原因だろうと。
というわけで、「プログラムの追加と削除」で現在インストールされているドライバーを削除します。
☆このページで記述されている方法は、あくまで自己責任でお願いします。
また、以下の方法はIntel DG965SSのオンボードグラフィックボードのドライバーのインストールになります

スタートメニューからコントロールパネルを選択スタートメニューからコントロールパネルを開きます。

カテゴリー表示されている場合は、左上に表示されている「クラシック表示に切り替える」をクリックカテゴリー表示の場合は、左上に表示されている「クラシック表示に切り替える」をクリックしてください。

「プログラムの追加と削除」をダブルクリック「プログラムの追加と削除」をダブルクリックして起動させます。

Intel(R) Graphics Media Accelerator Driverを探し「変更と削除」をクリック「Intel(R) Graphics Media Accelerater Driver」の横にある「変更と削除」をクリックして削除します。
ドライバーを削除した状態でも一応は、きちんと表示されます。

グラフィックドライバーをインストール

Intel のマザーボード製品別ダウンロードのページへ行き、該当の製品をクリック。
今回はDG965SSです。
OSを選択して、「ドライバー」という項目からグラフィック関連のドライバーをクリック。
ダウンロードしたファイルを解凍して、「Setup.exe」をダブルクリックすればドライバーのインストールが開始されます。

解決

一応、私の場合はこれできちんとドライバーがインストールされたらしくて、以後動画画面が真っ暗になることはありませんでした。
もし、グラフィック関連のドライバーが怪しいときは、「プログラムの追加と削除」でドライバーを完全に削除させてから、インストールした方がいいかもしれません。
ただし、必ずシステムの復元でバックアップをとっておいた方がいいと思います。